つみたてNISAの始め方を初心者向けにやさしく解説しています。

つみたてNISAネット証券会社比較!初めての資産運用ガイド

基礎知識

積立NISAとは?初心者に分かりやすく5分で簡単解説

更新日:

もこ
NISAとは、投資で得た利益にかかる税金が非課税になる制度だよ。

2014年から始まった従来のNISA(以下「一般NISA」と呼びます)とは別に、2018年1月から「つみたてNISA」という新しい制度が始まりました。

つみたてNISAとは少額投資非課税制度のことで、長期で資産形成をしたい人を国が応援する制度です。

つみたてNISAの購入方法は「積み立て」に限定され、毎月3万円程の金額でコツコツ積み立てていきます。

いくら利益が出ても税金が掛からないというのが最大のメリットです。

途中で現金が必要になった時は、いつでも解約して自由にお金を引き出すことができます。

つみたてNISAは毎月100円、500円、1000円といった少額から投資可能で、投資初心者や資金が少ない人が始めるのに向いています。

 

つみたてNISAの5つの特徴

少額から運用できる投資信託が対象

買付方法が「積立投資」に限定

分配金や売却益が最長20年、毎年40万円まで非課税

値動きを気にせず決まったタイミングで自動積立

資産はいつでも現金化して途中引き出し可能

 

つみたてNISAの早見表
口座開設できる人 ・日本国内に住む20歳以上の人
・口座はひとり1口座
対象となる商品 一定の要件をすべて満たした株式投資信託またはETF
購入方法 積み立てに限定
購入が可能な時期 20年(2018年から2037年)
非課税期間 最長20年間
非課税投資額 毎年40万円まで
非課税対象 普通分配金、譲渡益
累積投資額の上限 800万円(40万円×20年)
途中売却 いつでもできる

 

 

つみたてNISAの加入対象者は日本国内に住む20歳以上の人

もこ
つみたてNISAは、口座を開設する年の1月1日時点で20歳以上であること。日本国内に住んでいる人なら誰でも利用できるよ!

例えば、1月2日以降に20歳を迎えるという方は、翌年の1月1日までつみたてNISAの口座を開設できません。

つみたてNISAの口座は1人1口座までと決まっていて、一般NISAとの併用はできませんのでご注意を!

 

積立NISAの非課税投資枠は年間40万円、最長20年

通常の特定口座や一般口座の場合は、利益に対して約20%の税金が掛かりますが、つみたてNISAは利益に対して税金がかかりません。

年間40万円を最長20年間に渡り、投資信託を購入することができます。

12ヶ月の間、積立投資を行っていく場合、毎月の投資額の上限は最大で約3万3000円となります。

最大800万円まで投資元本から得られた配当・分配金、売却益はすべて手残りとなります。

例えば毎月積立金額3万円で年率3%を20年運用した場合、複利の効果で累計985万円(元本+利益)を得たとして、そのうちの利益265万円に約2割の税金がかかるので、53万円が税金として取られる計算になります。

 

つみたてNISA口座は一人につき1口座

つみたてNISAを始めるには、利益が非課税になる口座(NISA口座)を開設する必要があります。

NISA口座の中に「つみたてNISA」と「一般NISA」の投資枠がそれぞれ別々に用意されていて、この2つは同じ年に一緒に使うことができません。

どちらか希望する方を選びます。

NISA口座開設は、店舗型とネット型の証券会社や都市銀行、地方銀行、ゆうちょ銀行から可能ですが、金融機関によって「つみたてNISA」を利用できないところがあります。

また、NISA口座は金融機関ごとにいくつも作れるわけではなく、各年一人につき1つの金融機関でしか口座開設ができません。

もし金融機関を途中で変更したくなった場合、開設した年は途中で変更できず1年単位で変更となります。

 

金融機関を選ぶ際の3つの注意点

NISA口座開設にあたり金融機関の選び方として以下の3点を意識することをおすすめします。

  1. 購入できる商品は何があって、何本あるか?
  2. いくらから積立できるか?
  3. どのくらいの頻度で積み立てできるか?

 

金融機関ならどこでもつみたてNISA対象の商品を買えるわけではなく、金融機関によって取り扱う本数や商品、最低積立金額の単位や積立の頻度が異なります。

月1万円以上から積立購入可能なところもあれば、月1,000円以上、月100円からであったり、積立頻度の設定が毎月かそれ以外など各金融機関で異なります。

口座開設する前に金融機関でサービスの条件を確認してから決めることが大切です。

 

つみたてNISAは長期・積立・分散投資に適した商品が対象

もこ
つみたてNISAの対象商品は、金融庁の厳しい基準をクリアした株式投資信託と ETF に限定されるよ。

販売手数料が0円や信託報酬が低コスト、分配金が頻繁に支払われないなど長期の積立・分散投資に適した商品から厳選されたものです。

すべての対象商品にあてはまる要件には、「信託期間が無期限または20年以上」「毎月 分配型 はのぞく」「金融庁へ届出がされていること」と絞り込まれていて、商品タイプに応じて細かい条件が決められています。

投資信託には大きく分けて アクティブファンドインデックスファンド (パッシブファンド)2つ運用方法があり、インテックス投信なら、「指定されたインデックスに連動」「購入時手数料なし( ノーロード )」「信託報酬の水準が一定以下」といった基準が細かく設定されています。

アクティブ投信については、「純資産総額50億円以上」「設定から5年以上経過」「信託の計算期間のうち、資金収入超の回数が3分の2以上」といった条件も加味されています。

 

つみたてNISA対象商品の条件

  • 買付手数料ゼロ( ノーロード※1
  • 信託報酬※2の水準が一定以下
  • 信託期間(運用期間)が無期限又は20年以上
  • 毎月分配型でないこと
  • 金融庁へ届出がされていること
  • 運用開始から5年以上経過している( アクティブファンドのみ)
  • 純資産額が50億円以上( アクティブファンドのみ)

※1 つみたてNISA対象商品の ETF は販売手数料がかかります。

※2 信託報酬とは運用管理費用のことで、投資信託を持っている間、純資産総額から差し引かれる手数料のことです。

 

投資信託のうち実際に対象となるのは、「株式」に投資する投資信託か、「株式」を含むバランス型の投資信託、ETF(株式のみ)となっています。

「株式」に投資する投資信託とは、日本の株式に投資するものや、先進国株に投資する投信、新興国株に投資する投信、日本を含めて世界の株にまるごと投資できるタイプの投信などです。

バランス型投信は、株式と債券、あるいは株式と債券とREIT(上場不動産投信)、株式とREITというように複数の資産を組み合わせた投資信託で、必ず株式を含めたセット商品のみ販売しています。

外国債券のみに投資する投信や、REIT(上場不動産投信)のみに投資する投信など、株式を含まないものは対象外となります。

一方で「一般NISA」は「つみたてNISA」と異なり、国内・国外の上場株式、株式投資信託、外国籍株式投資信託、ETF(上場投資信託)、海外 ETF、REIT(上場不動産投資信託)など、幅広い金融商品から選択することができます。

 

つみたてNISAで買えるもの つみたてNISAで買えないもの
  • 株式に投資する投資信託
  • 株式を含むバランス型の投資信託
  • ETF
  • 上場株式
  • 外国上場株式
  • REIT
  • 株式を含まないバランス型投信
  • 株式以外を含む ETF
  • 個人向け国債、社債、外国債券
  • 預金

※つみたてNISAの対象商品一覧は金融庁のWEBページで確認できます。

 

つみたてNISA対象の投資信託はすべて販売手数料がゼロ円

投資信託は、買う時に一度だけ販売手数料が発生します。

販売手数料とは、購入者が銀行や証券会社に支払う手数料のことで「買付手数料」ともいいます。

販売手数料は3%に設定されていることが多いのですが、つみたてNISA対象の株式投資信託はすべて ノーロード(購入時手数料なし)の商品に限定されています。

但し、つみたてNISA対象商品の ETF(上場株式投資信託)は通常、販売手数料がかかります。

 ETFの購入時手数料は、1.25%以下となっています。

 

運用期間中にかかる信託報酬は低コスト

信託報酬とは、投資家が投資信託を保有している間、運用会社にずっと支払う手数料のことです。

投資信託の種類によって信託報酬は異なりますが、年0.5~2%程が一般的で毎日少しずつ投信の成績(基準価額)から自動的に差し引かれます。

信託報酬は損益に関係なく運用資産の中から引かれるため、長期で投資信託を持ち続けた場合、信託報酬の割合が高いとその分運用資産が少なくなってしまいます。

そのため、信託報酬の割合が低い投資信託を選ぶことが大切です。

その点、つみたてNISAは信託報酬率が1.5%以下と上限が設定されています。

アクティブファンド の信託報酬は1%を超えていますが、インデックスファンド の信託報酬率はほとんどが1%未満です。

信託報酬は商品ごとに決まっていて、同じ商品ならどの金融機関で購入しても変わりません。

 

販売手数料(税抜) 信託報酬(税抜)
公募株式投資信託 インデックス型 国内資産のみ  ノーロード 0.5%以下
海外資産を含む 0.75%以下
アクティブ型 国内資産のみ 1%以下
海外資産を含む 1.5%以下
ETF(上場株式投資信託) 国内取引所の ETF 1.25%以下 0.25%以下
外国取引所の ETF

 

つみたてNISAは値動きを気にせず毎月自動で積み立て

もこ
つみたてNISAの積立購入は自動引落しに対応!証券会社の口座にわざわざ入金しなくても、指定の銀行口座から引落してくれるよ。

この方法なら、毎月同じリズムで自動で積み立てを行うため相場の値動きに左右されることなく、売買のタイミングを気にする必要がありません。

 

-基礎知識

Copyright© つみたてNISAネット証券会社比較!初めての資産運用ガイド , 2020 All Rights Reserved.