つみたてNISAの始め方を初心者向けにやさしく解説しています。

つみたてNISAネット証券会社比較!初めての資産運用ガイド

基礎知識

積立NISAで楽天ポイント投資のやり方を解説します

更新日:

つみたてNISAで楽天ポイント投資のやり方

もこ
楽天でお買物や旅行をして貯まったポイントで投資信託が買えるんだって!

 

楽天証券では、2018年9月30日より投資信託の通常注文に加えて投信積立でもポイントで投資できるようになりました。

これを機に楽天証券でつみたてNISAを始める人が増えていますね。

投資信託の買付代金の一部または全てに楽天スーパーポイント、楽天証券ポイントを充てることができ、ほぼ全ての取扱投資信託が対象です。

しかも楽天証券は100円から投資信託が買えるので、たくさんポイントがなくてもすぐに始められますね。

 

楽天ポイントの【利用と設定】方法

楽天証券にログインする

【 NISA / つみたてNISA】をクリックする

【ファンドを探す・選ぶ】 から銘柄を選択する

 

 

購入したい銘柄を決めたら「積立注文」ボタンを押します。

 

 

クリックすると注文画面に移りますので、引落口座と引落日を選択します。

 

 

もこ
楽天ポイントを使って投資するなら、引落し方法は「証券口座」か「楽天カードクレジット決済」のどちらかを選ぼうね。

 

楽天ポイントを同時に貯める場合も「証券口座」と「楽天カードクレジット決済」どちらか選択すれば楽天ポイントが貰えます。

つみたてNISAで楽天カード決済を選択した場合、SPU対象で付与されるポイントとは別に楽天カードより楽天スーパーポイントが100円につき1ポイント付与されます。

「証券口座」から引落しでも楽天銀行のハッピープログラムにエントリーしてVIP以上になれば取引ごとにスーパーポイントが3ポイント貰えるようになります。

 

楽天ポイントをより多く貯めるなら「証券口座」の方を選ぶのがマル!

 

 

初回設定時は、現在のコースが「楽天証券ポイントコース」になっているので、「設定する」ボタンをクリックして「楽天スーパーポイントコース」の方を変更します。

 

楽天スーパーポイントコースを選択する

  • 楽天スーパーポイント(SPU)
  • 楽天証券ポイントコース(現在のコース)

「楽天スーパーポイントコース」を選択すると、楽天スーパーポイントとのID連携の画面が別ウィンドウで立ち上がります。

楽天市場のユーザーIDとパスワードがないと設定できないので、持っていなければ楽天会員登録を行なって下さい。

必要項目を入力して設定が完了しましたら、ポイント利用設定を細かく決めていきます。

 

初回とサービス更新時は「ポイント利用設定」を忘れずにしましょう!

 

ポイント利用規約に同意して「ポイント利用設定を行う」をクリックします。

 

ポイント利用は「利用する」の方にチェックを入れ、利用方法とポイントの上限を決めます。

 

ポイント利用方法を決める

  • 毎日の上限:○○ポイント
  • 毎月の上限:○○ポイント

 

最初に「証券口座引落」を選んだ方は、「毎日」と「毎月」どちらでも選択出来ます。

 

注意ポイント

  「楽天カード決済」を選んだ方は、毎月1回のみカード決済時に楽天ポイントから引かれます。

「設定する」ボタンを押したら完了です。

 

楽天証券のSPU!スーパーポイントアップとは

もこ
月に500円のポイント投資をすると楽天市場でお買い物した時にポイントが通常よりプラス1倍多く貰えるよ

 

SPUとは「スーパーポイントアップ」の略で、楽天証券でポイント投資をすることで、楽天市場でお買い物した時に「通常のポイント+1倍」ポイントがUPするプログラムのことです。

例えば、楽天市場で1万円分のお買い物をしたら、通常100円につき1ポイント付与されるところ、100ポイント+1倍(100ポイント)で合計200ポイント貰えます。

 

SPU!の条件とは

SPUは条件を満たしたポイント投資が対象となっていて、500円分以上のポイント投資と楽天スーパーポイントコースの設定が条件となっています。

SPU3つの条件

1回500円分以上購入する

1ポイント以上利用する

楽天スーパーポイントコースを設定する

 

ポイント投資というのは、ポイントを使って投資信託の買付を行うことをいいます。

月に1回500円分以上購入し、その内ポイントを1ポイントでも利用して投資信託を購入すればSPUの条件が満たされます。

極端な話しをすれば、現金499円+1ポイント=合計500円でSPUの条件が達成されます。

但し、複数回に分けて合計500円分以上のポイント投資をした場合は、SPU対象外になります。

つまり、毎日100円分のポイント投資を5銘柄以上積立て、その合計が月500円以上あっても対象外ということです。

 

SPU対象外となるケース

月末時点で「楽天証券ポイントコース」に設定変更していた場合 

ポイントを利用しないで購入した場合

複数回に分けて500円以上のポイント投資をした場合(例:毎日積立1回100円ずつポイント投資をした場合など)

注文後にキャンセルした場合

 

注意ポイント

SPUはポイント投資した月に楽天市場でお買物をするとプラス1倍の対象となりますが、お買物をしなければポイントアップ対象外です。

 

ポイント投資した月とは

  • 通常注文の場合
    注文日が属する月(9/5に通常注文をすると9月のお買い物が+1倍)
  • 積立注文の場合(つみたてNISA)
    毎月積立:積立指定日が属する月
    毎日積立:注文日が属する月

 

まとめ

  • 引落方法は「証券口座」か「楽天カードクレジット決済」どちらかで選ぶ
  • ポイント投資は1ポイントから利用できる
  • ポイントのみでも現金と組み合わせてもOK
  • つみたてNISAは、注文方法を毎日積立と毎月積立する2種類から選べる
  • 楽天スーパーポイントコースに設定する
  • 楽天証券のポイント投資でSPUポイント+1倍GET!(翌月15日頃)
  • 楽天カード決済だとさらにポイントがもらえる!
  • 証券口座の引落しと楽天銀行のハッピープログラムの利用で取引ごとに3ポイントGET!

-基礎知識

Copyright© つみたてNISAネット証券会社比較!初めての資産運用ガイド , 2020 All Rights Reserved.